So-net無料ブログ作成
検索選択

糖尿病と歯周病 [歯周病]

4月17日。山口保険医協会の主催で医科歯科学術研修会が、萩市で行われました。糖尿病と歯周病のことなら、広島大学の西村先生をおいて他には、いらっしゃいません。しかも、西村先生は萩高校のご出身で、私の同窓になります。この先生は、業績もさることながら、お人柄もすばらしく、えらぶったところがなく、かといって品がないわけでもなく懇親会、2次会、3次会と楽しくお話しました。
DSC03334s.jpg
(司会の登城先生。御苦労さまでした。)
DSC03337s.jpg
(西村先生。いつも丁寧なご講演ありがとうございます。)
肝心の講演会ですが、私たちが取り扱う歯周病は全身においては、軽微な慢性炎症として生体に作用するようです。その作用は動脈硬化の初期病変確立に関与したり、インスリン抵抗性惹起因子となりうるようです。
重度の歯周病を治療することでHbA1cが1%押し下げる効果もあるようです。
この歯周病の全身への影響を、一つ一つ紐をときほぐすように、我々にもわかりやすく丁寧に説明していただきました。医科歯科連携ということでしたが、歯科の参加者は多かったのですが、医科の先生はお忙しかったのでしょう。参加者が少なかったのは残念でしたね。
DSC03340s.jpg二次会ワインバーでくつろぐ)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。